MENU

半田吸い取り線の代用品/ない時に代わりになるものまとめ

半田吸い取り線が「あると思ったら無かった!」「何か代わりになる物はないの?」と悩んでいる方の為に半田吸い取り線の代わりになる物をいくつかご紹介します。お困りの際はぜひこの記事を参考に試してみてください。

目次

半田吸い取り線の必要性

ものづくりを趣味としている人も多いのではないでしょうか?
中でも電子工作は一から自分の手で基盤を作り上げる達成感がありますよね。

そこで必ず必要になってくるのが「はんだ付け」の作業。
慣れるまでは誤ってはんだをつけすぎてしまったり、つける場所を間違ってしまう場合も少なくありません。
そこで不要なはんだを取り除く為に、「半田吸い取り線」を使用するのが一般的です。

半田吸い取り線とは

銅線の特殊編線にフラックスを染み込ませたもの。
はんだを修正する場合や、古いはんだを除去する際に使用します。

半田吸い取り線の使用方法

  1. 半田吸い取り線が酸化していると吸引力が弱まる為、黒ずんでいないか確認します。黒ずみがある場合は、先端にはんだを少し残してニッパーなどで斜めに切ると良いでしょう。
  2. 吸い取りたいはんだ部分に、吸い取り線とはんだの先端を寝かせるようにくっつけます。
  3. はんだが溶けて吸い取り線にくっ付いたら、はんだの先端と吸い取り線を同時に離します。
  4. はんだが吸い取れたら、再度正しくはんだ付けしましょう。

不要なはんだを取り除く道具が無いと、作業が中断してしまい困惑する声がよく聞こえてきます。

銅線で半田吸い取り線の代用

半田吸い取り線は複数に並んだ銅線にフラックスを染み込ませた物ですので、銅線でも代用可能です。

フラックスとはいわゆる融剤で、表面張力を和らげて溶けたはんだを広がりやすくしてくれる物です。はんだ付けした部分の酸化を防いでくれたり、表面を保護してくれたりする、はんだ付けに欠かせない物になっています。

準備するもの

  • はんだごて
  • 銅線
  • フラックス

銅線の代用方法

  1. 不要になった銅線を準備し、先端を5cm程剥きます。
  2. 銅線を除去したいはんだの大きさに合わせて何本か束ねます。
  3. 剥いた先端にフラックスを塗り、除去したいはんだ部分につけはんだごてを押し付けます。

この方法なら使わなくなった銅線も活用でき、一石二鳥ですね!

半田吸い取り線の代用として使用した銅線は再利用できませんので、不要になった銅線を使用するようにしてください。

半田吸い取り器で半田吸い取り線の代用

半田吸い取り器は強いバネの力で空気を吸い込む仕組みを使用して、不要なはんだを除去することができます。

準備するもの

  • はんだごて
  • 半田吸い取り器

半田吸い取り器の代用方法

  1. 除去したいはんだ部分をはんだごてで溶かします
  2. 半田吸い取り器の吸い口を除去したい部分に近付け、ボタンを押して吸い取ります

価格帯は100円均一ショップで数百円で買える物から数万円する物まで様々な種類があるようです。
趣味として電子工作をされる場合は手始めに価格帯の低い物、本格志向の方は機能と耐久性に優れた価格帯の高い物等、自分に合った製品を選べるのがいいですね!

吹き飛ばして半田吸い取り線の代用

最終手段になりますが、代用できる物がない!といった場合、息で思いきり吹き飛ばすことで道具を使わずに半田を除去することができます。

準備するもの

  • はんだごて
  • メガネやゴーグルなど目を保護するもの
  • アルミ箔など散らばりを抑えるもの

吹き飛ばして除去する方法

  1. 目を保護するためのメガネやゴーグルを付けます
  2. 除去したいはんだの周りをアルミ箔で囲います
  3. 除去したい部分をはんだごてで十分に暖めてから、思いきり息で吹き飛ばします

また、息で吹き飛ばす方法の他に、遠心力を利用して不要なはんだを除去する方法もあるようです。

必ず周囲を確認し、火傷をしないように安全に行ってください。

代用品を使用する際の注意点

銅線の再利用はできない

代用品として銅線を使用した場合は、除去に使用した部分にはんだが付いてしまいます。
使用した部分を切り落とす必要があるので、再利用はできません。
不要になった同軸ケーブルなどを使用しましょう。

火傷に注意

銅線を使用する場合

除去したはんだがついている部分は再利用できませんので、切り落とさなければなりません。
除去したてのはんだは非常に高温ですので、すぐに切り落とすと火傷の危険があります。そのため、ある程度冷ましてから切るようにしてください。

吹き飛ばして除去する場合

道具を使わず手軽にできる方法ですが、周囲が汚れたり、顔や目に火傷を負う危険性もありますので十分に注意して自己責任で行ってください

熱に強いものを選ぶ

はんだはとても熱いですので、代用品を使用する際には、熱に強くはんだをしっかり除去できるものを選択する必要があります。

プラスチックや紙製のものを代用品として使用すると、穴が空いたり燃えたりする危険性があります。
必ず熱に強いものを選んでください。

半田吸い取り線はどこで手に入るの?

半田吸い取り線は、ホームセンターやネット通販で購入することができます。

ここではネット通販大手のアマゾンで購入できる商品を紹介します。

goot(グット) はんだ吸取り線 3mm幅 1.5m巻き CP-3015 日本製

はんだ付けに失敗しても、これ一つあればはんだ除去作業を効率良く行うことができます。

線幅は1.0mm~3.5mmと様々な種類がありますので、用途に合った物を選ぶといいでしょう。

白光(HAKKO) はんだ吸取線 ウィック ノークリーン 2mm×2m FR150-87

こちらの商品は長さが2.0mmありますので一度買えばそう簡単には無くなることはないでしょう。
半田吸い取り線の代用品を探す苦労も無くなるかもしれません。

半田吸い取り線の代用まとめ

  1. 半田吸い取り線とは、不要な半田を除去するための、スラックスが塗付された銅線のこと
  2. 半田吸い取り線の代用には「半田吸い取り器」や「不要になった銅線」などが活用できる
  3. 半田は高温の為、取り扱いには十分気を付ける
  4. 半田吸い取り線はホームセンターやネット通販で購入できる
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる