MENU

あぶらとり紙の代用品/ない時に代わりになるものはティッシュ?

顔のテカリが気になり化粧直しの時に必要なあぶらとり紙ですが、切らしていたり、忘れたりすることがあります。そんな時身近に代用できるものがいくつかあるので、今回はあぶらとり紙の代用品をご紹介させてください。

目次

あぶらとり紙とは?

はじめからスキンケア用品として使われていたものではなく、いらなくなった工芸品の箔打紙(金箔作りに使っていた紙)を汗をかくと白塗りが取れてしまう舞妓さんが皮脂を抑える為に使用したことで、現在ではスキンケアのアイテムになりました。

あぶらとり紙の役割

あぶらとり紙は、皮脂を取り除き、化粧崩れを防いでくれます。

また皮脂をそのままにしておくと、ニキビなど肌トラブルにもつながるので、あぶらとり紙で気になった時、さっとケアすると美肌を維持することができますね。

ファンデーションの持ちも、化粧崩れの原因になる皮脂をこまめにあぶらとり紙で取ることで良くなりますよ。

あぶらとり紙の代わりになるもの

では早速、あぶらとり紙の代用品をみていきましょう!

身近なもので手軽に代用できそうです!

ティッシュであぶらとり紙を代用

身近なものでまず思いつく紙といえばティッシュかと思います。

ティッシュはお家や、バックの中にも常備しているのではないでしょうか?

ティッシュなら必要以上に皮脂が取れないので、乾燥肌の人はあえてティッシュを使う人もいるようです。

皮脂は取りすぎてしまうと、肌のバリア機能の維持ができなくなります。

肌のうるおいの為にある程度の量が必要なのです。

では、どのくらいの量が適量なのかというと、過剰な量なのかの判断基準は、ニキビ、毛包炎、肌の赤み、などの炎症が起きているかどうかだそうです。

肌にこのような反応があれば、少し皮脂をおさえていきましょう。

そんな時、優しく皮脂を抑えてくれるティッシュは代用にぴったりですね。

レシートであぶらとり紙を代用

レシートもあぶらとり紙の代わりになるんです!

お財布をのぞけばあるかと思います。

ですが、レシートの印刷されている方で抑えてしまうと、お顔が汚れてしまう恐れがあるので、必ず裏面の白い方をご使用ください。

”ドラマ・家政夫のミタゾノ”でも披露されていたテクニックでした。

トイレットペーパーであぶらとり紙を代用

ティッシュと同じようにトイレットペーパーも代用できます。

ただし、ティッシュに比べて表面にざらつきを感じる場合がある為、肌にそっと優しくあてて、肌を刺激しないように使用しましょう。

お手洗いの際、化粧直しの時、さっと手に入って便利です。

レジ袋であぶらとり紙を代用

最近は有料ですが、お買い物の際、手に入れることのできるレジ袋もあぶらとり紙の代用にピッタリなものなんです。

どうしてかといいますと、レジ袋は「ポリエチレン」でできていて、この素材には、油脂を吸着する効果があるので、あぶらとり紙の代用にもってこいなのです。

丸めた状態のレジ袋で、みられると少し恥ずかしいかもしれませんので、こっそりとお試しください。

紙ナプキンであぶらとり紙を代用

飲食店やファストフード店に設置してくれている紙ナプキンもあぶらとり紙の代用可能です。

口元や手を拭うものですので、そのついでに皮脂のケアも済ませれると助かりますね。

特にファストフード店の紙ナプキンは油を扱うメニューが多いことから、皮脂の吸着力もあると感じる方も多いようです。

ただし、自由に使っていいからといって、お店の方にご迷惑かかるほど使わないようにしましょう。

半紙であぶらとり紙を代用

こんな代用品も見つけました。

一度買うとなかなか減らない大容量の半紙。

少し手間ですが、あぶらとり紙サイズにカットしておけば、かなりコスパのいいあぶらとり紙の代用になります。

あぶらとり紙は使いたいけど少量しか入っていなくてコスパが気になっている方は、半紙でしたら100円ショップでも取り扱いがありますし、1枚でかなりの枚数が用意できるので、お試しする価値ありですよ。

コーヒーフィルターであぶらとり紙を代用

ドリップで丁寧にコーヒーを入れると美味しいですよね。

よくおうちでコーヒーを飲まれることが多い人におすすめの代用品です。

100円ショップにも売っている紙のコーヒーフィルターは優しく押さえれば皮脂を吸い取ってくれます。

コーヒーフィルターは脂とり紙に近い成分でできているので代用できます。脂浮きが気になってきたら、同じ要領でさっと余分な皮脂をふき取りましょう。

Googirl

ですが、もともと肌にあてて使用するものではないので、強く押しあてるのはやめましょう。

手の甲であぶらとり紙を代用

周りに何も物がなく、でもテカリが気になってしまったら、手の甲でも適度に油を取ることはできます。

なぜ、手の平ではなく、手の甲のほうがいいのかというと、手の平は物を持ったり握ったりと使用頻度が高く、目に見えない雑菌の付着が多かったり、力も入れやすい為、強く押さえつけてしまう可能性もあります。

皮脂との上手な付き合い方は、とにかく清潔に優しく適度に油分を取ること、なので比較すると手の甲の方が向いていると思います。

手の甲で代用する場合も、しっかり手を清潔な状態にしてから行いましょう。

最近は除菌スプレーを持ち歩く機会も増えているので、より清潔に代用することができますね!

チラシであぶらとり紙を代用

チラシもレシートと同様にあぶらとり紙の代用品として活躍してくれます。

これも印刷されていない面をそっと押し当てて皮脂を抑えてください。

あぶらとり紙よりも硬さがある為、ゴシゴシこすったりすると肌荒れを起こしてしまいますので優しくを心がけましょう。

こんな感じであらかじめ切っておくと使いやすいですよね。

新聞紙であぶらとり紙を代用

どうしても困った!というときは新聞紙でもあぶらとり紙の代用が可能です。

1枚が大きいのであぶらとり紙サイズにカットしてお使いください。

レシートやチラシと一緒で印字されている部分で皮脂を抑えるのはやめましょう。

新聞紙はこれを守らないと一番汚れやすいのでご注意くださいね。

あぶらとり紙の代用品を使用する際の注意点

あぶらとり紙とは素材の柔らかさや、肌触りが違い、ザラザラしていたり、取れているのか不安で必要以上に強く押し当てたりすると、肌荒れの原因になりかねません。

そもそも皮脂は完全にふき取ってしまうと、乾燥を防ごうと肌はさらに過剰に皮脂を分泌しようとします。

テカリを抑えたはずが、さらに皮脂を生み出してしまっていたということになりかねませんね。

ですので、あぶらとり紙やその代用品を使う場合は、優しく拭き取り、特にテカリが気になる部分だけ押し当てて皮脂を取るようにし、1日に2~3回を限度にして皮脂のケアをしましょう。

あぶらとり紙がない時に代わりになるものまとめ

いかがでしたか?

今回はあぶらとり紙の代用品についてまとめました。

  • あぶらとり紙のはじまりは、舞妓さんがいらなくなった箔打紙を使い、皮脂を抑えたことで、現在のスキンケア用品になった。
  • あぶらとり紙の役割は、皮脂を取り除き化粧崩れを防いでくれる。
  • 皮脂を取り除き、肌トラブルを防止して、美肌を保てる。
  • ファンデーションの持ちをよくする。
  • あぶらとり紙の代用品は、【ティッシュ、レシート、トイレットペーパー、レジ袋、紙ナプキン、半紙、コーヒーフィルター、手の甲、チラシ、新聞紙】などがおすすめである。
  • 皮脂は取りすぎるとさらに過剰に分泌されるので、取りすぎないよう優しくケアするなどの注意点を守る。

パッと手にできるものが多いので代用品がたくさん活躍してくれるのではないかと思います。

最後になりますが、万が一、肌質や体質に合わないと感じた場合はすぐに使用を中止しましょう。

最後までご覧下さりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる