MENU

ナイトキャップの代用品/ない時に代わりになるものは?

おうち時間が増えている今、自分磨きに時間を使うことも増えたのではないでしょうか?でもお金はあまりかけたくないですよね。そこで今回は寝ている間にヘアケアをしてくれる便利なナイトキャップの代用品がないか注目してみました。

目次

ナイトキャップとは?

ナイトキャップは就寝時に被る帽子のことです。日本ではあまりメジャーではないかもしれませんが、ヨーロッパではよく知られているようです。近世ヨーロッパではかつらを使用していた為、外した時の髪型を隠すためであったり、シラミ予防の使ったり、防寒にと活躍していた歴史があります。
また男性と女性とでは伝統的なものではデザインが異なります。

 ・男性用:細長い円すい状で先端にポンポンがついているデザインで、『サンタ帽』がイメージしていただけると思います。
 ・女性用:ニットやチュール、ネットなどソフトな肌触りの布が使われ、『ドアノブカバー』のようにフリルで飾られたデザインです。

現在は、寝る前に被り、寝具との摩擦を防ぐことや、髪をナイトキャップの内側で保湿することで艶を与えてくれたりと、美髪の為に使用されています。
また最近は、テレビやSNSなどでタレントの渡辺直美さんが「ナイトキャップ」を愛用していると発信され注目されています!

おすすめの素材は、シルク素材で、そのほかにもコットンパイル生地など通気性の良い素材が好ましいです。

ナイトキャップの役割は?

ナイトキャップは最近では手軽なヘアケアとして、また睡眠の向上にもつながることでも注目されています。どんな役割や効果があるのかみていきましょう。

髪の乾燥を防ぐ

乾燥は肌はもちろん、髪にとってもいいものではありません。ナイトキャップを被ることで中の湿度が保たれ乾燥を防ぐことができます。被るだけで髪の潤いが保てるのは手軽でありがたいですよね。
特にこれから秋~冬にかけて乾燥の気になる季節なのでますますおすすめのアイテムです。
髪をしっかり乾かしたのち、ヘアオイルをなじませてまとめましょう。

髪の摩擦を防いでくれる

就寝中に寝返りを打つと、髪や頭皮には摩擦が大きくかかってしまいます。そのとき起こる「こすれ」によって、抜け毛や切れ毛につながっていくのです。髪はヘアカラーや熱など就寝中以外にもダメージをたくさん受けています。
なのでナイトキャップを被ることで寝ている間は、髪や頭皮を枕とのこすれによるダメージから守ってあげたいですね。

寝ぐせを防ぐ

寝る前に綺麗に整えて眠ったはずなのに「寝てる間に何があったの?」と思うほどボサボサの髪になっていることはありませんか?
朝の貴重な時間を寝ぐせ直しにとられるのはつらいです。ナイトキャップを被ってさえ眠れば、広がりにくくなり、髪の絡まりも防いでくれるので寝ぐせがつきにくくなります。
朝の支度に時間の余裕が少しでも欲しいかたは試す価値ありです。

暑さ・寒さの対策にも

汗をかく夏場はナイトキャップを被ることで髪をまとめることができ、首筋に髪が張り付いてしまう不快感を防いでくれ快適に眠ることができます。
寒い冬は頭や顔回りを冷えから守ってくれる効果もありおすすめです。
どの季節でもつけて眠るだけでストレスが軽減され、美しさだけでなく、睡眠の質が上がることでしょう。

ナイトキャップのかわりになるものは?

ここまで、そもそもナイトキャップとはどういうもので、どんな効果があるのかわかってきました。こんなに髪や頭皮にいいことばかりなら使いたい!とモチベーションも上がりました。
しかし、ネットショップをのぞいてみると、ナイトキャップのお値段はシルクのものは高価だったり、私達にあまり馴染みのあるアイテムではないので「いきなり購入するのはちょっと悩んじゃう」と躊躇されるかたもいるのではないでしょうか?
なので今回は身近なお部屋にあるものでナイトキャップの代用品をご紹介したいと思います。

タオル・手ぬぐいで代用

タオルはおうちや旅先にも必ずあると思います。しっかり髪を乾かした後、オイルを髪になじませ、タオルを巻いて寝るとオイルが乾ききらず朝までしっとり潤いを保つようです。
巻くと巻かないでは、タオルでも髪の潤いに差が出るので十分代用できるといえます。

こんな巻き方もあるそうです。とってもかわいいし、しっかり髪を包んで守ってくれます。

手ぬぐいも種類が豊富にありますし、インテリアやエコバックなどとしても幅広く使えるのでナイトキャップがわりにお持ちいただいてもいいですね。
またタオルに比べ、薄くて持ち運びにも便利なので、出張や旅行にも1枚持っていくと気軽にヘアケアできるでしょう。
さらに、通気性もよく暑い夏は特におすすめです。

手ぬぐいに巻き方が描かれていて面白いデザインです。けんか巻き道行巻きあたりが良さそうですね。

バンダナ・スカーフで代用

バンダナはお弁当を包むことに使ったり、ファッションにも取り入れたり、スカーフも鞄や首元に巻いたりと利用する機会もあるかと思いますので、今はあまり使わず余っているものがあればぜひ代用をおすすめします。
スカーフはシルク素材が多く、ナイトキャップにより近い効果が期待できますよ。
スカーフはデザインも多く選ぶのも楽しめそうです。

ネックウォーマーで代用

これはたとえ不器用さんでも簡単です。頭からスポッと被ってください。
乾かして、オイルをつけ、被る。とっても手軽で時間のない日やお疲れの日にもってこいです。
簡単ではありますが、頭のサイズに合ったものを使いましょう。
締め付けてもゆるくても快適ではありませんので、サイズにはお気をつけてください。

腹巻きで代用

腹巻もネックウォーマー同様、被るだけです。
腹巻きはシルク素材やオーガニックコットンなど肌に優しい素材で作られていて、スカーフ同様おすすめです!
ただし、腹巻きもサイズ調整はしっかり行いましょう。
緩いと眠っている間に外れて効果が減ってしまうおそれがあります。

口元まで覆われ、マスクの役目までしてくれるようです。

古着をリメイクで代用

少し手間はかかりますが、ないなら作ってしまおう!ということも考えられます。
タンスの肥やしになっているシルクのブラウスや、コットン素材のスカート、パイル生地のパジャマなど探すと見つかりそうですよね。
出来るだけ通気性がよくて、薄い生地のものが好ましく、扱いやすいと思います。

自分の好きなデザインで作ることが出来るのがメリットですね。お裁縫が得意だったり、デザインにこだわりがあったり、長いおうち時間で挑戦しても楽しそうだと思います。

シャワーキャップはナイトキャップの代用品に向かない

ここまで代用品をご紹介しましたが、代用に向いていないものもあるのでご注意ください。
それはホテルや旅館、温泉施設などに設置してあり、手にすることのある『シャワーキャップ』です。
形状が似ている為、代用できそうと感じますが、通気性がなく蒸れてしまうので代用してはいけません。

ナイトキャップがない時に代わりになるものまとめ

  • ナイトキャップは眠っている間に被ることで、髪や頭皮を摩擦や乾燥からしっかり守ってくれる。
  • ナイトキャップは通気性が大切なのでシルクやコットン素材が良い。
  • ナイトキャップの代用に適しているものはこちら。『タオル・手ぬぐい・バンダナ・スカーフ・ネックウォーマー・腹巻き
  • ナイトキャップの代用にシャワーキャップは向いていない。

髪を完璧に乾かしてから使用し、綺麗で清潔なものを使いましょう。
ヘアケア剤をつけて髪をきちんとまとめてから装着すると効果アップ。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる