MENU

中華スープの素の代用品/ない時に代わりになるものは?

だいたいいつも食卓に上がるスープは味噌汁なんですが、”たまには中華スープにしよう”といざ作ろうとしたら中華スープの素を切らしていた。なんてことがあります。

そんな時、代用できるものがないかなと思い調べてみました。

目次

中華スープの素とは?

そもそも中華スープの素とは、原料に「チキンパウダー」「醤油」「砂糖」「旨味調味料」などが配合されているスープの素です。これ1つで丁度いい味わいの美味しい中華スープが作れるお助け調味料です。

他の中華調味料との違い

中華スープの素以外にも中華調味料はさまざまな種類がありますよね。定番のものから、最近聞くようになった調味料の違いも検証してみましょう!

ウェイパー・創味シャンタン

ウェイパーと創味シャンタンはもともと同じ創味食品が製造していた商品なのですが、
販売元の廣記商行とのトラブルによりウェイパーは製造会社を変え、再販売され、
もともとは業務用としてしか販売されていなかった創味シャンタンも「創味シャンタンDX」として創味食品から販売され家庭でも楽しむことができるようになりました。
複雑な事情があるのですが、原料が似ていることから、今回は一括りにさせていただきたいと思います。

原料は「鶏ガラ」「豚ガラ」「野菜エキス」「食塩」「砂糖」「香辛料」「アミノ酸(旨味調味料)」などで、こちらもこれ1つで中華料理の味が決まる優れた調味料です。
お値段は少し高いですが、たくさん入っているし、中華料理全般作れてかなりコスパのいい調味料だと感じます

鶏ガラスープの素

鶏ガラスープの素の原料は、「チキンエキス」「野菜エキス」「」「こしょう」「旨味調味料」などで、中華料理にだけではなく、和洋中とどのジャンルの料理にも使いやすい万能な調味料といえます。我が家では「無限ピーマン」という料理によく使っていて、野菜が苦手な子供もパクパク食べてくれます。

中華だし

中華スープと名前が似ている調味料ですが、原料が少し異なります。「食塩」「ポークエキス」「デキストリン」「食用油脂」「野菜エキス」「オイスター」「酵母エキス」「アミノ酸」などが配合されています。
複数の肉や魚介のエキスも入っており、濃い味わいなのかと想像できますね。

ダシダ

ダシダは韓国の調味料で、おもな原料は「牛肉エキス」「混合薬味(でんぷん、たまねぎ、にんにく)」「砂糖」「醤油」などです。
中華調味料ではないですが、中華スープの素の代用はできるのでしょうか?楽しみな調味料です。

原材料を調べたことで中華スープの素と似ているもの、どんな味わいかな?と興味が沸いたものなど、ますます代用できるのか知りたくなりました。

中華スープのかわりになるもの

では、いよいよ中華スープの素の代用品になるものを見ていきましょう。

ウェイパー・創味シャンタンⅮⅩで中華スープを代用

ウェイパーと創味シャンタンには、先程お伝えしたように、鶏ガラや豚ガラも含まれている為、中華スープの素に比べ味が濃いです。
味をみながら控えめに入れましょう。
ペースト状なので、量の調節は粉末タイプよりもやりやすいと思います。
スープの味の仕上がりは少し違いますが、コクのある飲みやすいスープになりますので、代用可能です!
この1缶があれば家庭で本格的な中華料理を再現できるので、とても重宝しますよ。

鶏ガラスープで中華スープを代用

鶏ガラスープの素は鶏がベースで、中華スープの素もチキンパウダーなので、成分が似ていますね。
ですので、中華スープの素とあまり変わらないサラッと優しい味わいのスープができるので、違和感などは感じません。
鶏ガラスープが1番中華スープの素に近い味わいですね!

中華だしで中華スープを代用

代用可能です。
しかし、中華だしには、ポークエキスオイスターも含まれている為、中華スープの素と同じ分量を入れて調理すると、鶏ベースの中華スープのもとに比べ、濃い目な味に仕上がってしまいます。
塩味も効いているので、入れすぎるとしょっぱくなってしまうのでご注意ください。
分量さえ気を付ければ1つでしっかりコクのある美味しいスープが作れますよ。

コンソメで中華スープを代用

もしも、中華調味料がどれも見当たらず困ったらコンソメも何とか代用は可能です。
ただし、コンソメで代用する場合は、ごま油や香辛料として胡椒を追加し、中華スープ風のものに仕上げましょう。
あくまで”風”なのでご了承ください。

ダシダで中華スープを代用

ダシダは先程も書いたように、韓国の調味料なのですが、こんなメニューを見つけました。ダシダは日本でいうとだしの素と同じような扱いで、中華スープの素とは仕上がりは少し違いますが、代用は可能です。
あっさりですが、香り高いスープを楽しんでいただけます。

中華スープがない時に代わりになるものまとめ

  • 中華スープの素の原料は鶏ベースであることから、あっさり透き通った飲みやすいスープを作ることができる。
  • どの中華調味料でも代用は可能であり、特に「鶏ガラスープの素」が最も中華スープの素と鶏ベースで原料が近いので、味わいの似た仕上がりになる。
  • 代用は十分可能だが、[ウェイパー・創味シャンタンDX]と[中華だし]は、ポークエキスやオイスターなどが配合されている為、スープに代用する際は量を少し控えめに入れないと濃いスープになるので注意が必要。
  • コンソメやダシダも中華スープの素とは少し違った仕上がりになるものの、一工夫で中華スープの素に近づけることができる。

もし、中華スープの素を切らしていてお困りでしたら、参考になれば幸いです。最後まで読んで下さりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる