MENU

創味シャンタンの代用品/ない時に代わりになるもの

創味シャンタンには調味料・肉や野菜のエキスが含まれているので、同じような成分が含まれている物であれば代用は可能です。また、単品では代用品として使用できなくても、複数の調味料を組み合わせることで創味シャンタンの代わりとして使用できます。

具体的にどういう調味料が代用品として使用できるのか、調査しましたのでいくつかご紹介します!

目次

創味シャンタンとは?

中華料理屋で食べた中華の味ご家庭でも食べたい!という方は多いのではないでしょうか。
そんな時、本格中華のレシピを検索すると頻出するのが「創味シャンタン」という調味料。
創味シャンタンとはどういったものなのでしょうか。

創味シャンタンは料理人から一般家庭まで幅広く愛されている中華万能調味料。

創味シャンタンを料理に使用することによって、チャーハンや中華スープなどがあっという間に本格中華味に変身させることができます。

せっかくお家で本格中華を作ろうとしたのに、創味シャンタンがない!
こういった時、どのようなものが代用品として使えるのでしょうか?

創味シャンタンの代わりになるもの

味覇(ウェイパー)で創味シャンタンを代用

味覇(ウェイパー)は中国語で「味の王様」という意味で、ポーク・チキンエキスをベースに野菜パウダーや香辛料を配合した万能調味料です。
ウェイパーと創味シャンタンは同じ創味食品が製造していました。味はほぼ同じで、ウェイパーは家庭用、創味シャンタンは業務用という位置付けだったようです。
ただ、現在のウェイパーは創味シャンタンとは全く同じ味というわけではないようです。創味シャンタンと比較するとウェイパーの方が塩味が薄いため、創味シャンタンの代わりとして使用する場合は塩や胡椒を一緒に使うことをおすすめします。

コンソメで創味シャンタンを代用

コンソメとはフランス語で「完成された」という意味で、肉や魚などからとった出汁に脂肪の少ない肉や野菜、調味料などを加えて煮立てたものです。コンソメスープやパスタ、グラタンなど洋食レシピによく使われますよね。
肉や野菜のエキスと調味料が主な成分という点で、創味シャンタンの代用として使用可能です。
しかしコンソメを使用すると、洋風な風味が強くなってしまいます。創味シャンタンと比較すると香辛料が入っていなかったり塩味が足りなかったりするので、代用品として使用する場合は、香りの強い野菜(ニンニクや生姜)や塩コショウで味を調整しましょう。また、固形タイプのものより顆粒タイプのものが使い勝手が良さそうです。固形タイプの場合は使用する前に包丁などで刻んで使うとお湯や具材に溶けやすくなります。

香味ペーストで創味シャンタンを代用

香味ペーストとは鶏出汁を主成分とし、焦がしニンニクなどの香味油と調味料を合わせたペースト状の中華万能調味料です。
チャーハンやスープ、肉野菜炒めなど幅広い料理に活用でき、調味料を組み合わせなくても香味ペーストのみで本格中華の味を出すことができます。こちらも創味シャンタンの代用品として使用できます。
元々中華調味料ですので、創味シャンタンと基本的な味は一緒かと思いますが、創味シャンタンと違いペースト状ですので、使用する際は味を見ながら調理を進めた方が安心です。

中華あじの素で創味シャンタンを代用

正式名称「味の素KK中華あじ」は、ポークと野菜エキスを主成分に、オイスターソースなどを加えた中華万能調味料です。
食材にさっと振りかけて調理するだけで本格中華の味になるという点で、創味シャンタンの代用としては十分使えるでしょう。
創味シャンタンと異なる点としては、オイスターソースの味が強いので創味シャンタンよりも甘味があるのと、創味シャンタンよりも薄味だという点です。作るレシピによっては塩コショウを追加したり、砂糖の量を減らして甘みを抑えるなどの調整が必要かもしれません。

鶏がらスープの素で創味シャンタンを代用

鶏がらスープの素は、鶏肉と鶏がらを煮込んで粉状にしたものです。ご家庭で鶏ガラ出汁を作るのは時間も手間もかかりますが、こちらを使用することで簡単に本格鶏ガラ出汁料理ができてしまいます。
創味シャンタンと比べるとあっさりとしていますが、調味料の主張があまりない分コク深く感じられるので中華スープなどを作る際の代用として使用するのがおすすめです。
もし創味シャンタンの代わりとして使用するのであれば、創味シャンタンのように香辛料が含まれていないので塩コショウや香味野菜(ニンニクや生姜)をプラスする必要があります。

ほんだしで創味シャンタンを代用

お味噌汁や煮物など和食を作る際に活躍するほんだし。
お湯や水に溶かすだけで和風だしが簡単にとれる優れもので、お味噌汁や煮物を作る際ご家庭で活用している方も多いのではないでしょうか。
万能調味料としてはほんだしも創味シャンタンと一緒なので代用として使用できるでしょう。
しかしどうしても和風出汁が強いので、和食を作る際の創味シャンタンの代用であれば違和感なく使えるかと思います。
中華料理で創味シャンタンの代用として使用する場合は香味野菜(ニンニクや生姜)や塩コショウなどで味を調整してみてください。

味玉(ウェイユー)で創味シャンタンを代用

味玉(ウェイユー)とは、鶏や豚のエキスと、香味野菜・香辛料をブレンドした中華万能調味料です。創味シャンタンとは違い、半練りタイプでお湯や水に溶けやすい特徴があります。
こちらも中華用の調味料ですので、創味シャンタンの代用として使えそうです。
味は創味シャンタンと比べるとさっぱりめなので、レシピによっては塩コショウを足すなどの調整が必要になります。

台湾クノール鮮味炒手で創味シャンタンを代用

台湾クノール鮮味炒手とは、台湾で発売されている人気の中華万能調味料です。鶏肉を主成分とし、塩、トウモロコシ、ショ糖が含まれています。
日本ではあまり聞きなれない調味料ですが、輸入品を扱っているカルディやネット通販などで購入することができます。
台湾クノール鮮味炒手にはチキン・椎茸・カツオと3種類のテイストが出ているようですが、チキンが一番創味シャンタンと近い味で、代用として使えます。
しかし台湾クノール鮮味炒手はショ糖が含まれているため、少し甘味があります。創味シャンタンの代用として使う際は、レシピに砂糖がある場合は控えめに、無い場合は塩味を少し多めに入れるといいかもしれません。

ダシダで創味シャンタンを代用

ダシダとは、韓国で発売されている調味料で、韓国内での国民シェアは8割あるそうです。食塩、たまねぎ、にんにく、牛骨エキスなどが含まれています。一般的なスーパーではあまり見かけませんが、イオンや業務スーパー、ネット通販で購入できるようです。こちらも万能調味料なので、創味シャンタンと近い味を出せそうです。
しかし創味シャンタンと比べると味は薄めですので、塩コショウなどで味を調整して使用しましょう。

創味シャンタンがない時に代わりになるものまとめ

  • 創味シャンタンとは、食塩・肉や野菜のエキス、食用油脂・香辛料や調味料が主な成分の中華万能調味料
  • 創味シャンタンは、味覇(ウェイパー)やコンソメ、香味ペーストなどで代用できる
  • 代用品を使用する際は、創味シャンタンとの味の差を確認して調味料を調整する必要がある
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる